良く使われる漢方用語

胃内停水(いないていすい)・・・みぞおち付近をたたくと、ポチャポチャと水音がするような状態。胃の中に水毒が停滞しているために起こります。

お血(おけつ)・・・血液がウッ帯している状態です。頭重、肩こり、冷え、便秘、肌が黒ずむ、などの症状が現れます。

悪風(おふう)・・・風や冷気に当たると寒気がする症状です。悪寒の軽い状態です。

往来寒熱(おうらいかんねつ)・・・発熱と悪寒の症状が交互に現れる状態です。

からえずき・・・吐き気がしても、何も吐けない状態です。

寒熱(かんねつ)・・・上半身が熱いのに下半身が寒いなど、熱と寒の状態が混ざり合っている状態です。

胸脇苦満(きょうきょうくまん)・・・肋骨の下辺り~みぞおち辺りまで張ってしまい、圧迫すると痛みを感じる状態です。

血熱(けつねつ)・・・手足が火照って、気分が悪くなってしまう状態です。

自汗(じかん)・・・自然に出てくる汗のことです。

湿熱(しつねつ)・・・熱の中でも尿の減少を伴う熱のことです。

水毒(すいどく)・・・病気の原因となるような水分のことです。水分の代謝障害が起った状態です。

瀉剤(しゃざい)・・・下剤、発汗剤、吐剤など体の余分なものを出してしまう薬のことです

清熱(せいねつ)・・・熱を冷ますことで治療する方法のことです。

煩躁(はんそう)・・・もだえ苦しむ状態。

腹満(ふくまん)・・・腹部が全体に張ってしまっている状態のことです。

瞑眩(めんげん)・・・漢方を一定期間服用していて、突然、症状が悪化したようにみえる時期の後、症状が非常によく改善されるという現象です。

利水剤(りすいざい)・・・排尿を促進しる薬剤です。