漢方薬処方の鍵 『虚証』

『東洋医学』『漢方医学』における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、患者それぞれの人の「証」に基づいて行われます。
漢方薬は『西洋薬』と異なり、病名や症状だけから適切な処方を導くことができません。
病気の人それぞれの『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』など総合的に個人を診断し、処方する漢方薬判断して処方するのです。

代表的な「証」を挙げると、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水があります。

その中でも特に注目される『証』が、「虚実」です。『虚実』とは、患者が持っている体質や体力の質的な『充実度』を示すもので、基本的であるがゆえ、大変に重要な『証』なのです。
また。『陰陽』とは、効果的な漢方薬の処方をするために病気の進行の具合と体力の消耗度を診るものです。
患った病気の勢いとその人の体力の関係を多角的な視点から考慮し量的な面からとらえて割り出します。

漢方薬の処方には症状だけではなく患者の状態を総体的に診断し処方される薬を決めていきます。

最後に「気・血・水」とは『漢方医学』における身体の生理機構(循環)を意味する言葉です。

『漢方医学』では、「病邪侵攻」という言葉が良く用いられます。「病邪侵攻」とは身体が病気に犯されている状態と病気の進行具合を意味する言葉なのです。

『虚実』について、虚証と判断される特徴を以下にあげます。
虚証
・すんなりしている、かぼそい。
・筋肉が薄弱で柔らかい。
・なぜ肩
・首が細い
・痩せ型
・指が細い
・腹壁が薄く、やわらかい。
・ヘソが浅く広い。
・顔の造作が薄く細い。
・あごが細い、面長
・細い疲れたまなざし。
・線が細い感じ
・声が細く、小さい、低い、または高い、口ごもる。発音が不明瞭。かすれる、濁る、または早口。
・歩き方がよわよわしい。
・胃腸が弱い。
・下痢をしやすい。または弛緩性便秘。
・甘い物を好む。
・疲れやすく、また回復が遅い。
・身体を動かすのがおっくう。
・抵抗力が弱い。
・反応が弱いか、または強すぎる。
・静的。
・消極的。
・自己否定的。
(竜野一雄による)