高血圧症の治療と漢方薬

生活習慣などが大変に影響する循環器の病気として『高血圧症』『低血圧症』『動悸』といった症状に漢方薬は一定の効果があると広く周知されています。

高血圧症について

『東洋医学』『漢方医学』において治療は『体質』など個人の特徴を考慮しておこなわれます。『高血圧症』の人は、概して身体がしっかりとしたタイプが多く、活動的で、非情に積極的であるようです。
これは『漢方医学』の観点からは、「陽証で実証」と分類されます。
漢方薬は体内からの治療を目的とした薬です。そのため個々に違った薬が処方されます。『高血圧症』に対して用いられるのは、ほとんどが『陽証、実証向き』の漢方薬です。
専門医の診断により、それぞれの症状に合わせて、適切な漢方薬が選択されます。
一例として『便秘』を伴う場合には「大柴胡湯(だいさいことう)」や「サンオウシャシントウ」、『不眠』や『いらいら』の場合は、「サイコカリュウコツボレイトウ」、『肩こり』や『めまい』『頭痛』には「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」といったように、症状に応じて効果的で、かつ適切な漢方薬が『判断』されるのです。
『体質』によって変わる漢方薬の処方。虚証タイプ、つまり体力が弱いタイプの人でも『高血圧症』の方はいるので、その方に合った漢方薬が処方されます。
体力が弱いタイプの人でも『高血圧症』の方には『冷え』や『排尿障害』に対して効果があるといわれる漢方薬「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などが処方されます。
「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は、高齢者に多く処方される漢方薬です。
つまり漢方薬は『降圧効果』を目的で用いられることももちろんありますが、むしろ『高血圧症』に伴う、『肩こり』や『頭痛』『のぼせ』『めまい』『不眠』『不安感』などの自覚症状に対して非情に効果を期待されています。
多くの場合『降圧薬』との併用療法や『減塩』『低脂肪食』などの『食事療法』の継続が必要となります。
注意:一口に『薬』といっても『東洋医学』『漢方医学』と『西洋医学』とでは大きな違いがあります。体内からの治療を主とした『東洋医学』『漢方医学』と外的作用で治療する『西洋医学』。ですので漢方薬は『西洋薬』とは大きく異なり、病名や症状だけから適切で、かつ最良の処方を選択することはできないのです。
病気の人それぞれの『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などを総合的に考慮し、慎重に個々に合わせた漢方薬を決定するのです。
この『証』の判断は、『東洋医学』『漢方医学』の専門家にゆだねるのが最も理想的です。
専門家にゆだねることで漢方薬の効果が出やすいでしょう。漢方薬も『薬』です。安全のためにも、専門家に処方を依頼してください。また、ここで示した漢方薬は、あくまでも参考として考えてください。漢方薬は個々の体質などによって処方が変わる薬です。ですので、おおよその目安としてみてださい。あるでしょう。