健康保険の対象となる漢方薬

漢方薬は、『西洋薬』と異なり、単に病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれが持っている特長『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などをトータル 的、総合的に判断し最も効果的な漢方薬を決定するのです。
『漢方治療』は、昭和51年に、厚生省が漢方薬の健康保険治療の適用を承認するようになって以来、その効果や重要性の見直しが何度も行われ広く普及するようになってきました。
そして現在、『東洋医学』『漢方医学』は多くの医療の現場に周知され、効果も実証されています。
病院で受診をすると必ず保険が適用されます。しかし漢方薬については注意が必要です。実は全ての漢方薬に健康保険がきくわけではないのです。
具体的な数字を挙げると現在のところ処方できる漢方薬の数は、147種と限られています。
しかも『保険診療』として認められるのは、これらの漢方薬に対して、医師の処方箋がある場合に限ってと実に限られた治療しか行えないのが現状です」。
しかし、過去の治験例からみると、この147種類に限らず、もっとずっと多くの処方が用いられており、その効果も大きいものがあると実証され周知されています。
漢方薬には、大きく2つに分類されます。『せんじ薬』と『エキス製剤(医療用漢方製剤)』です。
この2つについて効能という点では大きな違いはありません。
『医療用漢方製剤』というのは、生薬の抽出エキスを顆粒、細粒、粉末、錠剤にしたもので、いわゆる病院でもらう漢方薬です。
これらのうち、『保険診療』が承認されているのは、エキス製剤に関してのみというのが現状です。
しかし、実際、漢方の専門医のなかには、『漢方製剤以外』の処方を用いる医師もいます。
それは病気の人それぞれが持っている特長『体質』などをトータル 的、判断し最も効果的な漢方薬を決定するためなのです。
そのため、漢方治療を行う医療機関のなかにも、保険が適応される『エキス製剤』のみを扱う機関、『保険適応外のエキス製剤』のみを扱う機関、さらに『両方を扱う機関』があるので自身でしっかりと把握することが慣用です。
したがって漢方治療の『保険診療』を希望される方は、ご自身が診察を受ける医療機関が保険診療を行っているかどうかを、事前に確認してうえで診察を受ける必要があります。
そして忘れてならないのが『保険適応内のエキス製剤』と『適応外のエキス製剤』の両方を扱っている医療機関の場合には、保険が適応される範囲内での処方をしてもらえるよう、申し出ておくことが大切です。