身近な病『風邪』と漢方薬の効果

最も身近な病といえば『風邪』が思い浮かびます。ですが『風邪』と、ひとくちに言ってもその症状や原因は本当に多様であり複数の症状が重なっている場合がほとんどです。
たとえば『悪寒(おかん)』『発熱』『頭痛』『筋肉痛』『関節痛』など、症状はさまざまであり、しかも単独で現れるのではなく、複合的に生じるのが常といえるでしょう。
厄介なことに『風邪』の原因と考えられる『ウィルス』は、100種類をはるかに超えているといわれます。その全てを予防することなどは不可能でしょう。さらに、細菌や寒さなども『風邪』の原因となる場合が多くあります。

『東洋医学』『漢方医学』では治療にあたるさい、まず、その人の症状から二つのタイプに分けます。
漢方薬は症状だけをみて処方するのではなく、個々の『体質』や特徴を考慮し治療します。体力があって『発熱』や『頭痛』『関節痛』『喉頭痛』などの痛みを伴うものを「陽証」といいます。
一方、体力が衰え『悪寒』や『全身の倦怠感』を覚えるものは「陰証」とされます。
また、症状が身体のどこに現れているかどうかも漢方薬を処方する際に大変重要なかぎとなります。
体力が充実していて『頭痛』や『悪寒』といった、身体の外に『証』が現れている人(初期症状の人で陽証)には、「葛根湯(かっこんとう)」が大変有効とされています。
しかも『悪寒』がしたらすぐに「葛根湯」を飲むのが早く治すかぎとなります。漢方薬はただ飲むだけではなく、服用するタイミングや飲み方で効果が出やすくなるのです。
一方、同じ初期症状でも虚弱な体質の人は、「桂枝湯(けいしとう)」が効きます。
また、さらに体力が低下していて『不安』や『不眠』などの精神症状を伴う場合(陰証)には、「香蘇散(こうそさん)」が広く処方されています。

一口に『薬』といっても『東洋医学』『漢方医学』と『西洋医学』とでは大きな違いがあります。体内からの治療を主とした『東洋医学』『漢方医学』と外的作用で治療する『西洋医学』。ですので漢方薬は『西洋薬』とは大きく異なり、病名や症状だけから適切で、かつ最良の処方を選択することはできないのです。

病気の人それぞれの『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などを総合的に考慮し、慎重に個々に合わせた漢方薬を決定するのです。
この『証』の判断は、『東洋医学』『漢方医学』の専門家にゆだねるのが最も理想的です。
専門家にゆだねることで漢方薬の効果が出やすいでしょう。漢方薬も『薬』です。安全のためにも、専門家に処方を依頼してください。また、ここで示した漢方薬は、あくまでも参考として考えてください。漢方薬は個々の体質などによって処方が変わる薬です。ですので、おおよその目安としてみてださい。あるでしょう。