漢方薬の剤型(湯・散・丸)

漢方薬の剤型には、湯(とう)、散(さん)、丸(がん)と呼ばれる剤型があります。

湯(とう)・・・煎じ薬のことです。配合されている生薬を煎じて飲みます。

散(さん)・・・粉末薬のことです。配合されている生薬を粉末にして服用します。

丸(がん)・・・丸い剤のことです。配合されている生薬を散剤に、固めて粒状にしたものを丸剤と呼びます。

それ以外にも、エキス、錠(じょう) 、膏(こう) などの剤型があります。エキスとは、生薬等から薬効成分を浸出させ、濃縮して製造したものです。