体内からのシグナル 冷え性

真夏でも指先が冷たい。体中が冷えている。寒い。などといってカーディガンを羽織る人(特に女性)が多くいます。
珍しいものではなく『冷え性なの』という言葉もごく自然に聞かれます。これだけ多くの人、特に女性、が、『冷え』に悩んでいるにもかかわらず大変不思議なことに西洋医学では『「冷え性」という病名、また類似するようなものも一切ありません。
病名が無い、病気ではない。したがって『冷え』に対する薬、いわゆる効く薬は西洋医学には存在しないのです。

『冷え』は病気ではないのか?いえ違います。

東洋医学においては『冷え』とは立派な病気の一つとされています。『冷え性』に対する薬として漢方薬の効果と存在が非常に期待されているといって過言ではないでしょう。
大きく『冷え性』と言っても、その症状は単一的ではありません。体格、体質、体調、など人それぞれであるように『冷え性』の症状もそれぞれです。下半身が冷えるにも関わらず、顔はほてっている人。背中や腰に冷えを感じる人、など様々なのです。
ですが、その理由となると明確ではなく。原因もこれといって特定できないのが現状です。

『冷え性』は貧血や、血の滞り(漢方医学で「お血」と呼ばれる症状)、体内の水分が偏っている状態、自律神経失調症、つまり体内の変調、異常などが原因となっています。ですが、いずれの症状でも確かに言えることがあります。それは個々人の『証』と合った漢方薬を選び処方することが、『冷え性』の症状の改善に最も重要となるということです。

様々な体質や体格の人々がいますから、それぞれの特徴を捉えて処方しなければなりません。例えば、色白で水太りの傾向があり、体力がない人で、貧血気味、水毒のある人で、また女性の方で月経異常がある場合は「トウキシャクヤクサン」という漢方薬が処方されます。一方で、下半身だけが冷えるものの、上半身には全く冷えを感じない、あるいは逆にのぼせるという人には、「ケイシブクリョウガン」や「ゴシャクサン」といった漢方薬が一般的に処方されています。

『冷え性』の症状として多いのが手足の先だけが冷えるという人達

このような場合の冷えの症状には、「トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ」という漢方薬が用いられます。
この漢方薬は『冷え性』の症状の治療に処方されるだけではなく頭痛や肩こり、腰痛、といった症状にも有効とされています。そして体力のない虚証タイプの人に用いられます。
『冷え性』の原因として体質によるもの以外ですと老化に伴う冷えもあります。
このような冷えに対しては、「ハチミガン」という漢方薬が特に効果があるとされます。