漢方薬ダイエットのデメリット

漢方薬は本来その方の体質と症状を判断して処方を決めるのが正しい選び方です。漢方薬は、基本的には医薬品ですが、薬事法上医療関係機関か薬局でしか手に入りません。それ以外の所でも漢方という名をかぶせたものも目にしますが、大抵は漢方薬とは別物で宣伝のコピー以上の意味はありません。

(鍼灸院などは東洋医学の正統な伝承医学なので、漢方理論に精通する方も多いそうですが、大抵は漢方薬とは別物で宣伝のコピー以上の意味はないそうです)漢方薬は単純な症例や軽い病気ならこれでも一応効果がでるし、薬としての利用価値も高いので問題はあまり起きないでしょう。でもこじれた病気や難しい症例、効能書きに当てはまらない症例はどうかというと漢方薬を服用したいという方は、西洋医学での治療では効果が少なく、漢方薬を服用したいという方がほとんどだそうです。

漢方薬のデメリットとして効能書きで、例をあげれば、、葛根湯は、風邪薬とよくコマーシャルで流されますが、実際あるメーカーの葛根湯には、『感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み』とだけ、効能が列記されています。風邪やその諸症状に葛根湯が有効なのは間違いではないのですが、多分この適応症を見て使ったら、患者さんの半分の方は効き目が薄くなるかと思われます。

もう少し親切なメーカーだと効能の頭に『自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こりを伴う比較的体力のあるものの諸症』のような説明が付きます。このように、症状にピンポイントで処方できないのが、漢方薬のデメリットです。人の自然治癒力を活用しながら、体力を増強しながら薬の効果を待つため、少し薬がなるく思うかもしれません。

まだ問題があります。医薬用の漢方薬で保険適応をするのにどうしても効能に縛られるということです。「漢方薬には副作用がない」というのは間違いです。漢方薬は様々な特長の生薬を組み合わせることによって、副作用を出しにくい仕組みになっていますが、用法、用量を守らなかったり、選んだ漢方薬がその人の体質にあっていなかった場合は強い副作用がでることがあるそうです。

漢方薬には何々と何々の成分を含むものは一緒に服用してはならないというルールが多いそうです。重大な副作用を引き起こすケースも考えられますので、慎重に用量や用法を確認しないと体に益とならない場合もあるそうです。

薬の併用の効果と弊害

漢方薬は体内からの病気の治療を主とした医学です。抗がん剤などの『西洋薬』を服用している人が漢方薬を併用したいと望む患者さんも多いでしょう。
『現代薬』と漢方薬を併用することで期待されることも多くあります。併用することで更なる効果がある場合が報告されているからです。
たとえば『西洋薬』によって生じた、副作用が漢方薬によって軽減される場合が多くあります。『西洋薬』の薬剤の量を減らされる場合があることから、今後研究が進み、両者の利点を生かした利用ができるようになることが期待されているのです。
ですが良いことばかりではありません。漢方薬も『薬』なのです。服用の方法によってかえって弊害がある場合もあるのです。
一例を挙げるとある種の『西洋薬』と漢方薬を併用した場合『動悸』や『頻脈』が生じる例が現実におきているのです。

漢方薬は症状にあわせて皆同じ処方になるものではありません。『体質』『年齢』など個々の状態に合わせて処方される薬です。ですから同じ組み合わせの漢方薬でも、良い結果が出るか否かについては、個人によって異なるのです。このように漢方薬と『西洋薬』の特性と弊害を考慮した上での処方が不可欠と言えるでしょう。処方、服用する際には必ず専門の医師に相談してから方針を決定する必要があります。
このように併用して服用する場合は『現代薬』と『西洋薬』の両方を扱う医師に相談するのが大変理想です。
ですが両方の医学に精通している医師が居ない場合もあります。このように難しい場合は、病名は何であり、どのような『現代薬』を服用しているのかを『東洋医学』『漢方医学』の医師に伝えるべきでしょう。
併用して服用する組み合わせとして漢方薬同士を併用する場合もあると思います。その場合も必ず専門の医師に相談するなどの注意が必要です。
たとえば『腰痛』や『高血圧』などの慢性病の治療により漢方薬を使用している人が、かぜを引いたり、腹痛を起こした場合に漢方薬で治療したいと希望する患者が多くいます。
そのような場合はまず治療の順序を考えなければなりません。第一に急性の病のほうの治療を優先します。
そしてその間の慢性病の治療については、双方の漢方薬の服用時間を2時間ほど、ずらすなどして治療の方法を工夫する必要があります。
さらに、同じ人が慢性病を複数もっている場合もあるでしょう。
このような症状を持つ患者には複数の漢方薬を合わせて服用します。
これを「合方」といいます。
これは、もともとは別の漢方薬を合わせてせんじることを意味する言葉です。

漢方薬は、『西洋薬』と異なり、単に病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれが持っている特長『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などをトータル的、総合的に判断し最も効果的な漢方薬を処方する漢方薬を決定するのです。
『証』の判断は素人が行うものではなく『漢方医学』『東洋医学』の専門家に診断をゆだねるのが大変理想的です。 専門家の判断に従うことで大きな効果も期待できるでしょう。
ここで示した漢方薬について、あくまでも参考、おおよその目安と考えてください。個人的な見解で漢方薬を使用することはせず、専門家の判断をあおぎましょう。