月経異常と体質にあった漢方薬

漢方薬は『東洋医学』の根幹であり体内の中から治療していくことにあります。
女性の特有の病気である『月経異常』『更年期障害』『子宮筋腫』さらに女性が特に多いとされる『冷え性』に対して漢方薬は大変に有効です。 ただし漢方薬は、『西洋薬』と異なり、単に病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれが持っている特長『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などをトータル的、総合的に判断し最も効果的な漢方薬を処方する漢方薬を決定するのです。
『証』の判断は素人が行うものではなく『漢方医学』『東洋医学』の専門家に診断をゆだねるのが大変理想的です。専門家の判断に従うことで大きな効果も期待できるでしょう。
ここで示した漢方薬について、あくまでも参考、おおよその目安と考えてください。個人的な見解で漢方薬を使用することはせず、専門家の判断をあおぎましょう。
女性特有の疾患として『月経異常』に悩む女性は大変多いのではないでしょうか。
昔から、女性は腰やお腹を冷やさないようにと言われています。それらは『月経異常』の予防とされています。
『東洋医学』『漢方医学』の世界では『月経異常』について、それは主に血の異常と考えられます。
血流が悪くなった状態。つまり血が滞った状態のことを指します。
その他の原因として興奮や不安、いらいら、などの症状は『気の異常』。吐き気や下痢は、『水の異常』とされています。
これらの症状を総体的に捉えトータル的に異常を改善するための最良の漢方薬が処方されます。
『月経異常』には「トウキシャクヤクサン」や「ケイシブクリョウガン」「カミショウヨウサン」などの漢方薬が用いられることが多いようです。これらの漢方薬は気、水、血のいずれにも配慮されたものあるために多くの人に処方されています。
体質、体調などにも合わせて処方される漢方薬の特徴で、体力が充実した人(実証)で、のぼせや便秘がみられる場合は、「トウカクオウキトウ」、「ツウドウサン」なども処方されます。
また、体力が中程度の人で皮膚が黄褐色の女性には、「ウンンセイイン」という漢方薬を処方します。
その他にも下腹の痛みや耳鳴り、腰痛、いらいらやのぼせ、神経の過敏などの症状改善にも大変に効果があります。
同じく体力が中程度の人で皮膚の色が黒ずんだ状態の女性の場合は、「ケイシブリョウガン」が良いとされています。
この漢方薬は頭痛や耳鳴り、肩こりにも効きます。

一方、虚弱の冷え性の女性(虚証)は、「トウキシャクヤクサン」が適切です。
さらに下痢を伴う場合は、「ウケイトウ」という漢方薬も用いられます。
このように漢方薬は症状だけの一端だけを見て判断するのではなく、個人にあったものが処方されるのです。