漢方薬処方の絶対条件 『証』

『現代医学』『西洋医学』が『病気を治す治療法」』であるのに対し、『東洋医学』『漢方医学』は『病人を治す治療法』であるといわれます。
それは、それぞれの病気の捉え方、治療の特徴からそのような表現が用いられているのでしょう。

すなわち『現代医学』では病名に基づいて治療方針が決定されるのに対し、漢方薬は、『西洋薬』と異なり、単に病名や症状だけから適切な処方を選択することは出来ません。
病気の人それぞれが持っている特長『証』といって『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などをトータル 的、総合的に判断し最も効果的な漢方薬を決定するのです。

このため、症状で診断する現代医学の目でとらえた場合には同じ病気と診断し同じ『西洋薬』を処方されるような場合であっても、『漢方医学』では、その人それぞれに応じて、違う漢方薬が選ばれるのです。言ってみれば、当人だけの薬なのです。

したがって『漢方医学』においては、その人の「証」を正確に見定めることが効果的で、また安全な治療を行う最大のポイントとなるのです。

『証』とは?

『漢方医学』における治療方針は『体質』『体力』『抵抗力』『病気の進行具合』などをトータル 的、総合的に判断し最も効果的な漢方薬を決定し行われます。つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の「証」に基づくものなのです。

代表的な「証」には次のものがあります。

  1. 1.虚実・・・虚証と実証
  2. 2.陰陽・・・陰証と陽証
  3. 3.気・血・水
  4. 1.「虚実」とは、者が持っている体質や体力の質的な『充実度』を示すもので、基本的であるがゆえ、大変に重要な『証』なのです。
  5. 2.「陰陽」とは、効果的な漢方薬の処方をするために病気の進行の具合と体力の消耗度を診るものです。
    患った病気の勢いとその人の体力の関係を多角的な視点から考慮し量的な面からとらえて割り出します。
  6. 3.「気・血・水」とは、『漢方医学』における身体の生理機構(循環)を意味する言葉です。

漢方医学では、身体が病気に犯されている状態と病気の進行具合を意味する言葉として「病邪侵攻」という言葉は用いられます。

『証』のひとつ『虚証』の特徴

近年『東洋医学』『漢方医学』は『西洋医学』の面からも大変に注目され、積極的裏づけも進められています。そのために『漢方医学』による治療が全国的に急速に広がりつつあります。
『東洋医学』『漢方医学』は多くの医療の現場に周知され、効果も実証されています。『漢方専門医』は『西洋医学』による治療を行っている大学病院や公立の病院でも漢方薬による治療を併用して取り入れているところはあります。

『東洋医学』『漢方医学』における治療方針の決定、つまり漢方薬の選択は、それぞれの人の体質や、特徴を診た「証」に基づいて行われます。

代表的な「証」を挙げると、1.虚実(虚証と実証)、2.陰陽(陰証と陽証)、3.気・血・水などです。

その中でも特に注目される『証』が、「虚実」です。『虚実』とは、患者が持っている体質や体力の質的な『充実度』を示すもので、基本的であるがゆえ、大変に重要な『証』なのです。

『虚実』について、実証と判断される特徴を以下にあげます。

・筋肉質、筋肉が硬い。
・いかり肩
・がっちり、どっしりしている。
・ヘソが深く、大きい。
・顔の造作が太く、大きい。
・胃腸が丈夫。
・便秘がち。
・しっかりと歩く。
・首が太い。
・骨太。
・顎が角ばっている。
・声は太く大きく力強く、発音がはっきりしている。
・苦いものでも平気。
・積極的気質。
・自己肯定的。
・目に力があり、大きい。
・活動的。
・指が太い。
・腹壁が厚く、弾力がある。
・線が太い感じ。
・働いてもすぐ疲れがなおる。
(竜野一雄による)

主なものは以上です。これらの特徴と対極的にあるのが『虚証』ということになります。

『漢方医学』では、同じ症状を持つ人が受診をしたとしても異なる漢方薬を服用する場合があります。それは、その人それぞれの『証』に基づいて有効な漢方薬が判断されるからなのです。

また『実証』と『虚証』の間のタイプとして、『中間証(間証)』いうタイプもあります。
漢方薬の『証』とは大変に密なもので、効果的な漢方薬の処方をするためには重要なものなのです。

一般的に漢方薬の作用は穏といわれていますが『副作用』が皆無というわけではないのです。
漢方薬処方を決定する『証』の判断を誤ると、症状を悪化させる可能性があります、漢方薬の処方を希望される場合は『専門医』にかかることをお勧めします。